鍵のトラブルが発生したら|サクサクッと業者に連絡

作業員

盗難防止

イモビライザーキーの作成にかかる費用

鍵

イモビライザーとは、自動車の盗難を防ぐための盗難防止装置のことを言います。車両本体と鍵にそれぞれICチップを組み込み、両者のコードが一致しないとエンジンが掛からないようになっているのが、イモビライザーの仕組みです。イモビライザーによって、不正に自動車の鍵を取得した人が、合鍵作成するなどして自動車を容易に動かせなくなるというメリットがあります。 ですが、それは裏を返せばマスターキーを紛失してしまうと、自動車の持ち主であっても自動車を動かせないということです。もしもマスターキーを紛失してしまった場合に備えて、合鍵作成をしておくと、いざという時に安心です。合鍵作成にかかる費用は、車種にもよりますが、5,000円〜10,000円程度が一般的です。

合鍵作成方法の変化について

以前のイモビライザーが搭載されていない自動車では、通常の合鍵のように、元の鍵と同じ形にカットしただけのスペアキーで、エンジンを始動することが可能でした。 ところがイモビライザー搭載車では、単にカットしただけの鍵ではエンジンを掛けることができません。なぜなら、イモビライザー搭載車の合鍵作成をするためには、合鍵に組み込まれたICチップに、車両本体に登録されているのと同様のコードを記憶させなければならないからです。このコードを登録する作業には、特殊な技術と専用の登録機が必要となります。 万が一、マスターキーも合鍵も全紛失してしまった場合には、鍵穴から合鍵作成を行うことができる場合もありますので、鍵作成の専門業者へ相談してみましょう。